美容師やヘアメイクアーティストを目指すなら美容専門学校へ!学費や授業内容を紹介

当サイトは美容師やヘアメイクアーティストを目指すため、美容専門学校への進学を希望する人向けに学費や授業内容をご紹介しています。
美容の専門学校の具体的な授業やかかる費用を知りたいのなら、ぜひ参考にしてみてください。
美容の専門学校で行われている実習内容にはどういったものがあるのかも解説しています。
さらに美容の専門学校へ入学したら必ず美容師の免許を取得できるのか、といった気になる疑問にもお答えしているサイトです。

美容師やヘアメイクアーティストを目指すなら美容専門学校へ!学費や授業内容を紹介

ヘアカットをする美容師やヘアメイクアーティストになりたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
これらの職業に就くことを目指すのであれば、美容専門学校に進学するのがおすすめです。
美容専門学校の学費は、それぞれの学校によって異なりますが2年間でおよそ200万円から300万円ほどであるのが一般的です。
授業内容の内の1400時間分は、厚生労働省が規定したものとなっています。
それ以外の時間はそれぞれの学校によって決まっているものです。

美容専門学校で学ぶために必要な学費はいくら?

美容業界で働くために美容専門学校で学ぼうと考えている方が多くいるはずです。
専門的な知識や高度なスキルを身につけることができるので、美容専門学校で学ぶメリットは大いにあります。
学費の相場は2年間で200万円から270万円くらいです。
1年で100万円くらいかかることは覚悟しないといけません。
学費を大きく左右するポイント授業料です。
国家資格を取得するためのカリキュラムが組まれているところは実習の時間が多いため、相場よりも高くなってしまうことが多いです。
中には2年間で300万円ほどかかる美容専門学校もあります。
美容専門学校は費用の安さだけで決めてはダメです。
必要なスキルを身につけたり、国家資格を取得できることを重視するべきです。
費用が明らかに安いところだとクオリティが低い可能性があるので気をつけてください。
比較する際は、実際に学んでいた人の意見も参考にすることをおすすめします。
かなり参考になる情報が得られます。

美容専門学校ではどんなことを学ぶの?

美容専門学校で学べることは、美容師国家試験に必要な学科試験の科目と実地試験の技術です。
カリキュラムには、保健・衛生管理・物理化学・美容文化論・美容技術理論・関係法規・経営管理・労務管理・マーケティング・接客など多岐にわたります。
保健は体の構成・髪の毛・皮膚についての授業を受け、衛生管理は公衆衛生・消毒法・感染症の知識などを学んでいきます。
物理化学ではパーマ・カラーなどに対する薬剤の知識や使い方が中心で、関係法規は美容に関係する法律や制度などです。
実習では、カットの技術やローション・ローラーカールを使ったセッティング、パーマネントウェーブのワインディングなどを学びます。
実際の店舗で行うデザインカット・カラーリング・デザインパーマなどを、実習しながら身につけていきます。
さらに、シャンプー・マッサージ・ヘッドスパなどの基礎知識を学習することもあります。
ただし、美容専門学校で学べることは基本のみです。
本当のスキルは実際の経験から学んでいくしかありません。

美容専門学校で学ぶメリットとは?

美容専門学校で学ぶメリットは、美容の知識や技術を身に着けるというだけではありません。
同じ志を持つ生徒が集まるので、それが刺激となってより向上心が高くなります。
1人でやるとなると大変な勉強やスキルを身に着けることも、仲間がいることでお互い、競い合って高めることができるでしょう。
このような生徒同士の出会いの他に、美容専門学校で学ぶメリットとして、就職が有利になるという点も挙げられます。
学校は独自に美容業界とパイプを持っていることが多いです。
学校によって就職率90%以上などと高水準となっているのは、企業とのつながりが強くより就職しやすい環境が整っているケースが多いようです。
せっかく資格を取得しても、働く場が無ければその資格を活かすことはできません。
ですので美容業界との出会いが多い美容専門学校で、知識や技術を習得するということは就職時にバックアップしてもらいやすいと言えます、就職面が気になる方は美容専門学校への進学がおすすめです。

美容専門学校では衛生管理や法律の知識も学ぶ

美容専門学校といえば、美容師になるための技術や知識を学んだり、美容業界で即戦力となれるような人材を育てる豊富なコースが用意されていることが特徴です。
学校で学ぶ実習内容は主にヘアカットの技術を磨いたり、現場実習を通じて実際のサロンワークを学ぶ以外にも、学科授業では衛生管理や法律の知識も学ぶ時間が用意されています。
衛生管理では公衆衛生全般や感染症、環境衛生などの知識や、日常業務に不可欠とされる消毒の意義と目的を学んだり、正しい消毒方法などを授業を通じて知ることで、現場で役立たせることができます。
関係法規や制度に関する授業では、美容師法や理容師法を中心に美容理容の業務に係る法律の知識を学ぶ時間が用意されています。
美容師・理容師は国家資格であるからこそ、仕事に係る法令や制度を正しく理解することで、学生は社会的責任を学ぶことができます。
美容専門学校によっては衛生管理や法律の知識の座学以外にも、人体の構造や機能を学ぶ保健の授業や接客法や消費者への対応方法を身につける運営管理の授業を用意しているところも多いです。

美容専門学校に関する情報サイト
美容系アーティストを目指せ!

当サイトは美容師やヘアメイクアーティストを目指すため、美容専門学校への進学を希望する人向けに学費や授業内容をご紹介しています。美容の専門学校の具体的な授業やかかる費用を知りたいのなら、ぜひ参考にしてみてください。美容の専門学校で行われている実習内容にはどういったものがあるのかも解説しています。さらに美容の専門学校へ入学したら必ず美容師の免許を取得できるのか、といった気になる疑問にもお答えしているサイトです。

Search